看護関連Q&A

介護Q&Aカテゴリー

介護Q&A

訪問看護について教えてください?

訪問看護とは訪問看護ステーションから、病気や障害を持った人が住み慣れた地域やご家庭で、その人らしく療養生活を送れるように、 看護師等が生活の場へ訪問し、看護ケアを提供し、自立への援助を促し、療養生活を支援するサービスです。
※訪問看護ステーションによって提供できるサービスが異なります。

このページのトップへ

訪問看護を受けたいのですが、受ける条件はありますか?

寝たきり、または寝たきりに準ずる状態の方
病院に通院出来ない方
終末期をご自宅で迎えられる方
かかりつけ医師が訪問看護を必要と認めた方

このページのトップへ

訪問看護ではどんなことをしてもらえますか?

訪問看護ステーションから専門の看護師等が利用者様のご家庭を訪問し、病状や療養生活を看護の専門家の目で見守り、 適切な判断に基づいたケアとアドバイスで、24時間365日対応し、在宅での療養生活が送れるように支援します。
また、医師や関係機関と連携をとり、さまざまな在宅ケアサービスの使い方を提案します。
 
●療養上のお世話
身体の清拭、洗髪、入浴介助、食事や排泄などの介助・指導
●病状の観察
病気や障害の状態、血圧・体温・脈拍などのチェック
●ターミナルケア
がん末期や終末期などでも、自宅で過ごせるよう適切なお手伝い
●在宅でのリハビリテーション
拘縮予防や機能の回復、嚥下機能訓練等
●ご家族等への介護支援・相談
介護方法の指導ほか、さまざまな相談対応
●医師の指示による医療処置
かかりつけ医の指示に基づく医療処置
●医療機器の管理
在宅酸素、人工呼吸器などの管理
●床ずれ予防・処置
床ずれ防止の工夫や指導、床ずれの手当て
●認知症ケア
事故防止など、認知症介護の相談・工夫をアドバイス
●介護予防
低栄養や運動機能低下を防ぐアドバイス

このページのトップへ

訪問看護を利用するにはどうしたらいいですか?

訪問看護は医療保険、介護保険のどちらでサービスを受ける場合もかかりつけ医の指示書が必要となります。
■医療保険で訪問看護を利用する場合
赤ちゃんからお年寄りまで年齢に関りなく訪問看護がご利用いただけます。ご利用を希望する際には、かかりつけ医にご相談ください。 訪問看護ステーションでは、かかりつけ医が交付した「訪問看護指示書」に従い、必要なサービスを提供します。
■介護保険で訪問看護を利用する場合(要支援、要介護認定が前提です)
「要支援1〜2」または「要介護1〜5」に該当した方は、ケアマネージャーに相談し居宅サービス計画に訪問看護を組み入れてもらいます。

このページのトップへ

訪問看護では、どのような人が来てくれるの?

看護師免許を持つ看護師もしくは保健師・助産師が訪問看護を行います。
また、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が必要に応じて訪問しています。
保健・医療現場での十分な看護の経験・知識・技術をもつ専門家が担当いたします。
また訪問看護師になってからも、必要な最新の知識技術についての教育やトレーニングを受け、常にその能力を向上させています。

このページのトップへ

訪問看護を提供する機関には、どんなところがありますか?

■訪問看護ステーション
全国におよそ6000ヵ所の訪問看護ステーションがあります。 最近は駅や街角などでも、訪問看護ステーションの看板を多く見かけるようになり、利用しやすくなっています。
在宅で療養される皆様に、質の高い訪問看護サービスを提供するため、訪問看護師自身が運営するサービス機関です。
各種保険(医療保険、介護保険、公費負担医療など)が使えるので、費用負担が少なくてすみます。
看護師・保健師・助産師の他、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士等がスタッフとして所属しています。
■医療機関(病院・診療所)
多くの病院や診療所が、「訪問看護部門」を設け、在宅で療養が必要な状態で退院された方々や、病院・診療所に通院したり、 往診を受けている方に訪問看護を提供します。
現在のかかりつけの病院・診療所でも、訪問看護をしているのではないでしょうか。 またその病院・診療所で行っていなくても、最寄りの訪問看護機関を紹介してもらえるはずです。
■自費の訪問看護サービス
民間の企業などが行う訪問看護サービスです。訪問看護ステーションや病院・診療所からの訪問看護と同様、プロの訪問看護が受けられます。
料金の体系等が 、他機関の訪問看護とは異なり、利用者との契約で行われるサービスです。
その分、特殊なケアやオリジナルに富んだメニューが用意されています。
近所の看板やタウンページ(家政婦・看護婦紹介所のカテゴリーに大部分掲載)などで見つけることができます。

このページのトップへ