認知症関連Q&A

認知症関連Q&Aカテゴリー

認知症関連Q&A

認知症ってどんな病気ですか?

認知症とは、「脳や身体の病気が原因で記憶・判断力などの障害がおこり、普通の社会生活が困難になる状態」をいいます。
認知症には、いくつかのタイプがあります。
【アルツハイマー型認知症】
アルツハイマー型認知症とは認知症をきたす疾患の中で一番多い疾患です。 その原因は不明ですが、脳内でさまざまな変化がおこり、脳の神経細胞が急激に減ってしまい、 脳が萎縮して(小さくなって)高度の知能低下や人格の崩壊がおこる認知症です。
初期の症状は、徐々に始まり、ゆっくり進行するもの忘れが特徴です。古い記憶はよく保たれますが、最近の出来事を覚えることができません。 そのため同じことを何度も何度も聞きかえしたり、置き忘れが多くなります。
【脳血管性認知症】
脳の血管が詰まったり破れたりすることによって、その部分の脳の働きが悪くなり、そのため認知症になることがあります。 このような認知症を脳血管性認知症といいます。
【その他の認知症】
レビー小体(異常な構造物)が大脳皮質にたまってしまうことによる「レビー小体型認知症」など 。 なお、脳腫瘍やビタミン不足などによる病気で認知症の症状がみられることがあります。

このページのトップへ

物忘れと認知症の違いはどんなところですか?

認知症は、老化によるもの忘れとの区別がつきにくい病気です。 本人や家族が「年のせいでしょ」と思うような日常の些細な変化や行動が、認知症のサインかもしれません。 気になったら認知症のサインを見逃さないように注意しましょう。
 
・「たまに」同じことを言うというより、「しょっちゅう」同じことを言ったり聞いたりする。
・「ときどき」探し物をするというより、「いつも」探し物をしている。
・人の名前がすぐ出てこないのではなく、ヒントを言っても思い出せないことがある。
・「食べたメニューを思い出せない」のではなく、「食べたこと自体を覚えていない」ことがある。

このページのトップへ

認知症は治らないのですか?

アルツハイマー型認知症の原因解明は進んではいますが、根本的な治療までは至っていません。 変性疾患といわれているアルツハイマー型認知症のほか、前頭―側頭型認知症、レビー小体型認知症なども同様です。 現在は、進行を遅らせる治療が中心です。現在ワクチン療法など、根本的な治療に近い治療法が研究されています。 脳血管性認知症については、血管障害の進行を予防する治療が行われています。正常圧水頭症など、脳外科的な治療で治る病気もあります。 また、身体疾患によって引き起こされる認知症(ビタミン欠乏型、肝臓病、低血糖などなど)は、身体疾患の治療とともに改善されることが期待されます。

このページのトップへ

認知症にならないためにはどうしたらいいのかしら?

アルツハイマー型認知症に関しては、現在原因解明されていないので、このようにすればよいという予防法は確立されていません。
現在、危険因子といわれているもので、予防不可能なものとして、加齢、家族歴、遺伝因子(アミロイド前駆体蛋白遺伝子、アポリポタンパクE遺伝子)、 頭部外傷などがあります。そして、予防可能な危険因子として、高血圧、動脈硬化、糖尿病、高脂血症、甲状腺機能低下症などがあります。 また、喫煙も危険因子としてあげられています。今、私たちができる予防としては、生活習慣病の予防ということになります。

このページのトップへ

認知症のようですが、誰に相談したらいいのかわかりません?

まず、かかりつけの主治医の先生に相談してください。認知症かどうかの簡単な質問や診察をします。 そこで、さらに検査などが必要の場合は、適切な病院を紹介してくれます。
また、介護のことなどについては、ケアマネージャーさんに相談してください。 また、地域の介護支援センターや包括支援センターも窓口になります。 認知症専門の病院でも、相談員が相談に応じます。

このページのトップへ

本人が病院に行きたがりません。どうしたらよいでしょうか?

病院へ連れて行きたくても、何と言えばいいのかわからない・・・。また、本人が受診を拒むケースもあるでしょう。 かといって嘘をついたり、無理やり病院へ連れて行ったりすると、家族との信頼関係が崩れ、その後の治療も困難になる可能性があります。 家族が心配していること、病気の早期発見および治療には受診が欠かせないことを伝え、本人が納得した上で受診するようにしてください。 その際には、本人の自尊心を傷つけないように十分配慮する必要があります。

このページのトップへ

認知症はどのくらいのスピードで進行していくんでしょうか?

認知症は急に症状が悪化するわけではなく、数年をかけてゆっくりと進行するのが特徴です。まず、第一段階では物忘れが激しくなります。 そのことで不安になり、イライラすることもあるでしょう。また、物事に無関心になったり、ウツ状態に陥ったりすることもあります。 日付や場所、人に対する見当識障害がみられるようになるのは第2段階です。 この頃になると道に迷ったり、今まで出来ていたことが出来なくなったりして、日常生活に支障をきたすようになります。 第3段階になると食事や排泄の手順がわからなくなり、体も弱って動きが鈍くなるでしょう。

このページのトップへ

認知症の人と接する場合の注意点などはありますか?

まず、最も大切なのは「認知症扱いしないこと」です。認知症になると記憶力や理解力は低下しますが、感情はそのまま残っています。 プライドを傷つけてしまうと内向し、時に攻撃的になり、より症状が悪化することも・・・。 例えおかしなことを言っても否定したり、叱ったりせず、まずはお年寄りの言い分を聞いてあげてください。 そして、如何なるときも優しく、温かい気持ちで接するようにしましょう。

このページのトップへ

認知症の詳しい症状を教えてください?

認知症の方の特徴は主に次のようことが挙げられます。
・記憶力が低下する
初期の頃は、新しい記憶があいまいになりますが、昔の記憶はしっかりと保たれています。 症状が進行するにつれ、今起こっていることを記憶することが困難になり、昔の記憶を断片的に思い出しながら毎日を過ごすようになっていきます。
・理解力・判断力が低下する
ものごとを推測したり、順序だてて行動することが難しくなります。また計算ができなくなったり、今まで普通にできていたことができなくなることもあります。
・見当識障害(今いる場所、時間、人の見当がつかなくなる)
初めは日にち、そのうちに月がわからなくなり、進行すると季節や朝夕などの時間がわからなくなります。 つぎに場所や空間の認識ができなくなり、自宅でも迷うようになります。さらに、人の見分けがつかなくなり、配偶者や子どもの顔をみてもわからなくなります。
・感情のコントロールができなくなる
見当識が働かなくなると不安に陥り、その気持ちをうまく表現できずにイライラしたり、また周囲からみて異常と思われる行動をとることがあります。
・生活動作障害、歩行障害
排泄、更衣、入浴、食事など基本的な生活動作障害、歩行障害などがあらわれます。

このページのトップへ

食事をしたことを忘れ、すぐに食事を欲しがる場合にはどうしたらよいですか?

認知症のお年寄りは食べたことを忘れてしまっているのですから、「さっき食べたばかりでしょう」と言っても納得しません。 否定するとむきになりますので、「今、支度していますから」と言えば安心します。 食事を済ませたばかりなのに食べ物を欲しがる場合があります。忘れているわけでなく、徘徊する方は運動量も多く本当に空腹な場合もあります。 煩雑に食べ物を要求するときには小さなおにぎりやクッキーを少しずつあげるといいようです。
また同じ量のご飯でも大きなお茶碗一杯より、小さな器でおかわりするほうが満足感があるようです。

このページのトップへ

認知症の人の入浴の介助法は?

体に障害がなければ、一人でも入浴できますが、事故を避けるためにも、介助者がいたほうが安心です。 冬は前もって浴室や脱衣所も暖め、急激に温度が変わらないように注意します。湯の温度は少しぬるく感じられる40度くらいが適当。 タオルにせっけんを付けて手渡し、洗える部分は自分で洗ってもらい、手の届かないところは洗ってあげます。 入浴時間は体を洗う時間を含めて、心臓に負担をかけないよう30分以内にしましょう。入浴後は必ず水分を補給してあげましょう。

このページのトップへ

認知症の人は徘徊をすると言いますが・・・?

目的もなくウロウロ歩き回ることを徘徊といいます。認知症のお年寄りの徘かいには次のような理由があるといわれます。 不安感から、自分がどこにいるかわからない(失見当)で正しい場所を探すため、落ち着かない気分から、何か大切なものを失い他人にも理解してもらいたいため。 とはいえ、認知症のお年寄りが一人で外に出てしまうと、どんな事故に遭うかもわかりません。 見慣れた町の様子も、ちょっとしたことで見間違い、家に帰れなくなるかもしれません。それでも、家族がちょっと目を離したすきに出てしまうこともあります。 よくよく注意が必要です。

このページのトップへ